「地方ならお金がなくても幸せでしょ」とか言うな! 日本を蝕む「おしつけ地方論」

阿部真大

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    お金がなくても地域のつながりや、人情味あふれる商店街があって幸せ。「ALWAYS三丁目の夕日」のような世界が地方にはまだ残っている、というのは「東京の勝手な幻想=おしつけ地方論」にすぎない。格差・貧困・仕事などリアルな地方を見つめることで、日本の本当の姿、問題点が見えてくる。

    続きを読む

    レビュー

    2.5
    4
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/07/11Posted by ブクログ

      タイトル通り。
      だが、内容は専門の社会学者によるもので、お気軽なエッセイではない。
      東京発の見方に、見られる側からの見方を突きつける。

    • 2019/07/07Posted by ブクログ

      こういう地方論「も」あるよ、と言ってるに留まり、「おしつけ地方論」なるものが日本を蝕んでいるのだとすれば何が問題で、では筆者が展開する対抗表象が日本にとってどう有益なのかが全く分からなかった。しばらく...

      続きを読む
    • 2019/01/20Posted by ブクログ

      地方の良い面ばかりを見て憧れる自らを省みざるをえない。都会にも地方にも、それぞれ問題はあるし、生きづらさもある。

    開く

    セーフモード