【最新刊】ブリタニカ草稿 ──現象学の核心

ブリタニカ草稿 ──現象学の核心

エトムント・フッサール/谷徹

1,265円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    現象学の始祖エトムント・フッサールが、『ブリタニカ百科事典』の求めに応じ、「現象学」の項目のために執筆した、ドラマチックな推敲のあとが窺える四つの草稿の集成。変化しつづけたフッサールの思索が成熟した時点で書かれた本書は、まさに“現象学とは何か”その核心を語る。そのため、完成稿(第四草稿)は、始祖自身による最も完備した好適な入門書ともなっている。これら草稿は、ハイデガーとの共同作業を経て完成したが、とくに第二草稿には両者の一致と相違が如実に現れていて、20世紀を主導した両者の現象学的哲学の本質を考えるための重要なヒントもここにある。詳細な訳者解説を付す。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/12/07
    連載誌/レーベル
    ちくま学芸文庫
    出版社
    筑摩書房
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    • ネタバレ
      2014/11/07Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2011/01/03Posted by ブクログ

      フッサールが、「ブリタニカ百科事典」の「現象学」の項目について書いた原稿。
      現象学というものがどういうものか、ということを知るにはまず読みたい本。

    [{"item_id":"A002085717","price":"1265"}]

    セーフモード