暗殺者のゲーム 【上下合本版】

著:ウォード・ラーセン 訳:川上琴

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    さあ、暗殺(ゲーム)を始めよう過去を捨てた最強の暗殺者(キドン)は、ふたたびモサドの駒となるのか逆探知されても絶対に発見されない場所とは?モサド最強の暗殺者(キドン)ダヴィッド・スラトンは死んだ。いまでは彼はアメリカ人として妻のクリスティンと平凡だが幸福な日常を送っていた。しかし、平穏な生活は長く続かなかった。モサドの新長官ヌーリンは、イランの核開発を阻止するために二度ハメディ博士の暗殺を計画したがいずれも失敗していた。業を煮やしたヌーリンは、権謀術数渦巻く盤上に比類なき暗殺者を投入することを決意したのだ。モサドは学会のためにスウェーデンを訪れていたクリスティンを人質に取ろうとするが、彼女は追手から逃れ行方不明に。妻の危機を救うべく、最強の暗殺者は北欧の地に降り立った――。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード