江戸城炎上

藤木桂

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    清廉忠義の目付十人と、蔑みに歪む、お城坊主。希代の企みは防げるか表台所の味噌樽に毒草が。台所組頭の屋敷の放火で、目撃される坊主頭の男……。目付たちの探索に浮上する同朋頭の悲哀と覚悟!江戸城表台所の小座敷で賄いの朝飯を食べた目付や小姓、小納戸衆が腹痛で七転八倒、味噌汁にあたったようだった。調べると味噌樽に毒草が入れられていた。いったい誰が、何のために? さらに表台所組頭の屋敷が放火され、放火犯は坊主頭だったという。目付の調べが進むと、目付筆頭もよく知る清廉潔白といわれる同朋頭に大きな疑惑が生まれ……。江戸城を舞台の第二弾!

    続きを読む
    • 本丸 目付部屋 全 5 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      本丸 目付部屋 全 5 巻

      3,850円(税込)
      38pt獲得

    レビュー

    • 2019/12/26Posted by ブクログ

      令和元年も残すところ、5日。
      それなのに、この本丸目付部屋の1巻を読んで、はまってしまった。

      清廉忠義者の10人の目付。
      1話から、「目安箱」に、弟を気遣う12歳の種四郎が、出した文から捜索願いであ...

      続きを読む
    • 2019/12/28Posted by ブクログ

      献上の品 一つでさえ、受け取って頂く方を、吟味しないといけないのは、武士道と言え大変な事なのだと、第一話から、思い知らされた。

      国持大名 20石以上ではないのだが、盛岡藩の南部家の家臣 神崎が、ごね...

      続きを読む
    • 2019/12/22Posted by ブクログ

      時代小説は、沢山読んでいるのだが、手に取った本が、「本丸目付部屋」、、、権威に媚びぬ十人というのも、少し興味が、湧いたのと、初めて読む作者 藤木 桂(かつら)氏。

      5話からなるのだが、最初は「目付」...

      続きを読む
    [{"item_id":"A002175525","price":"770"}]

    セーフモード