【最新刊】新任目付

本丸 目付部屋

藤木桂

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    目付総意で選んだのは、老中たちの信頼も篤い、奥右筆組頭だったが…「湯呑み所」での喧嘩騒ぎや、泥酔旗本の水難救出騒ぎ、妻の密通での成敗騒ぎなど、忙殺される目付の膝元で、前代未聞の不祥事が……。一人抜けた目付の後任に、目付全員の総意で選んだのは、奥右筆組頭の牧原佐久三郎。日々御用部屋に出入りし、上方の信頼も篤い牧原は、「切れ者」としてもつとに知られていたので、目付としても期待されていた。新任早々、元の職場である奥右筆方の不祥事に関わることになるが、その後、自らが目安箱により訴えられ、捕縛されてしまう…。目付衆は果たして牧原を救えるか。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/12/01
    連載誌/レーベル
    二見時代小説文庫
    出版社
    二見書房
    ジャンル
    歴史・時代
    • 本丸 目付部屋 全 6 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      本丸 目付部屋 全 6 巻

      4,620円(税込)
      46pt獲得

    レビュー

    • 2019/12/26Posted by ブクログ

      令和元年も残すところ、5日。
      それなのに、この本丸目付部屋の1巻を読んで、はまってしまった。

      清廉忠義者の10人の目付。
      1話から、「目安箱」に、弟を気遣う12歳の種四郎が、出した文から捜索願いであ...

      続きを読む
    • 2019/12/28Posted by ブクログ

      献上の品 一つでさえ、受け取って頂く方を、吟味しないといけないのは、武士道と言え大変な事なのだと、第一話から、思い知らされた。

      国持大名 20石以上ではないのだが、盛岡藩の南部家の家臣 神崎が、ごね...

      続きを読む
    • 本丸 目付部屋 権...2019/12/22Posted by ブクログ

      時代小説は、沢山読んでいるのだが、手に取った本が、「本丸目付部屋」、、、権威に媚びぬ十人というのも、少し興味が、湧いたのと、初めて読む作者 藤木 桂(かつら)氏。

      5話からなるのだが、最初は「目付」...

      続きを読む
    開く

    セーフモード