P+D BOOKS 神の汚れた手(上)

50%OFF

曽野綾子

702円351円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

産婦人科の日常を描き“生命の尊厳”を問う。舞台は三浦半島の小さな産婦人科医院。主人公の医師・野辺地貞春の下では、不妊治療や出産、中絶と、さまざまに行き交う人々の喜びや苦悩が日々交錯している。なかでも中絶手術は、戦後、患者が公に語ることなく行われてきた大規模な医療であった。綿密な現場取材に基づき淡々と描かれるそれぞれのケーススタディは圧倒的なリアルさで、小説という概念を超える。産婦人科医は生命の誕生に立ち会い、そして同時に中絶という形で一つの命を消し去るという、他の医療には見られない光景が映し出される。生命の尊厳を鋭く問うた“衝撃の問題作”の上巻。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード