【最新刊】僕は僕の書いた小説を知らない

僕は僕の書いた小説を知らない

喜友名トト

561円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ある朝目覚めた小説家の俺は、「昨日」の記憶がないことに気づく。どうやら俺は一日ごとに記憶がリセットされ、新しいことを覚えられないという症状を抱えているらしい。可愛い女の子と出会っても、小説を書き進めても、そのすべてを明日には忘れてしまう。絶望的な状況のなか、「負けるものか。諦めるものか。絶対に書くんだ」というメッセージとともに5万字を越える書きかけの小説が、パソコンの中には残されており――。第六回ネット小説大賞を受賞した「あきらめない」物語、待望の書籍化!

    続きを読む
    提供開始日
    2018/12/06
    連載誌/レーベル
    双葉文庫
    出版社
    双葉社
    ジャンル
    ライトノベル

    レビュー

    • 僕は僕の書いた小...2019/07/25Posted by ブクログ

      1日しか記憶できない。どんな感じだろう?と考えてみたけれど、想像するのも難しい。そんな状況で、絶望せずに小説を書き続けたアキラはすごい。諦めた方が簡単に思えてしまうから。
      それに、アキラの周りの人も。...

      続きを読む
    • 僕は僕の書いた小...2020/05/17Posted by ブクログ

      読む目的:感動したい
      結果:自身には響かず
      ポイント・気づき:
      ①前向性健忘についての理解
      ②1日の大切さ、その日しか生きられないとしたら

      1日1日をよりよく過ごそう。

    • 僕は僕の書いた小...
      ネタバレ
      2020/04/05Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード