【最新刊】家の中で迷子

家の中で迷子

坂口恭平

1,232円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    家の中で迷子になっていた――。見慣れた部屋が森に変貌し、水で溢れる。迷子の相棒は歌、偶然、そしてネズミ。海辺の老人に導かれ、言葉を話さない少女アゲハ、コンパス売りのハジと出会い、自身のなかに湧きあがる尽きせぬ記憶の果てに見た、この世界の姿とは。地上に宿るすべての生が時空を超えて響きあう深遠なる物語。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/12/07
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • null巻2018/07/28Posted by ブクログ

      どこから読んでもいい。
      とにかく、読むうちに、飛躍につぐ飛躍により、糸の切れた凧のように異空間へ連れ出されてしまう。その快感を求めて本書を読んだ。
      語り手をいざなうガイドのような男は、ひょっとして熊野...

      続きを読む
    • null巻2018/12/29Posted by ブクログ

      “「自分がどこにいるのかわからないとずっと思ってた。それは、どこにでもいるってことだと今はわかるよ」”(p.113)

    セーフモード