【最新刊】発想力 ~「0から1」を生み出す15の方法~(小学館新書)

発想力 ~「0から1」を生み出す15の方法~(小学館新書)

大前研一

924円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大前研一の思考ノウハウが詰まった1冊。何歳であっても学びたい「発想」のための秘伝メソッドを大公開!いずれ訪れるシンギュラリティ(技術的特異点)の時代、多くの仕事はAI(人工知能)に取って代わられる。そこで生き残るには“AIにできないこと”=「無から有」を生む力を鍛えるしかない――。本書では、40年余りの経営コンサルタント人生の中で大前氏が独自に編み出した「0から1」を生み出す15の発想法を紹介。たとえば、本書の後半では、実践編として「新たな市場」を作り出す4つの発想法を解説している。■感情移入■どんぶりとセグメンテーション■時間軸をずらす■横展開これらの発想法は、単にビジネスの現場だけでなく、新しいアイデアを生み出す際の思考ノウハウとして普遍性を持っている。〈「人生100年時代」と言われ、今や何歳になっても新しいチャレンジやリブート(再起動)、リスタート(再出発)が必要になっている。……すべての年代で、AIやロボットにはできない「0から1(無から有)」を生む発想力と問題を解決する「セオリー・オブ・シンキング」が求められるのだ。〉(新書版まえがき)大前流イノベーションの教科書、待望の新書化(2018年12月発表作品)。※本書は過去に単行本版として配信された『「0から1」の発想術』の新書版です。「新書版まえがき」などを新たに加筆・修正しています。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/12/05
    連載誌/レーベル
    小学館新書
    出版社
    小学館
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    • 2019/07/22Posted by ブクログ

      AIがどんどん社会に進出してくる中にあって、AIに負けないことをやれ!とメッセージを送る大前さん。タイトルの15の方法には、彼のこれまでの英智が込められているように感じ、非常に勉強になりました。

      ...

      続きを読む
    • 2019/12/24Posted by ブクログ

      具体例が多く、分かりやすい。一気に読んだ。大前流知の技法。無から有を生み出す方法。勉強になった。何度か読み返すと良いかもしれない。

    • 2019/08/26Posted by ブクログ

      実績と説得力で、大前さんにかなう「提言者」はなかなかいません。

      返す返すも、あのとき都知事になっていたなら、今の東京はシンガポールになっていたのではないのかなぁ、と残念でなりません。
      でも、きっと、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード