救世の法 信仰と未来社会

著:大川隆法

1,980円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    なぜ、宗教は必要なのか。どうして、信じる必要があるのか。幸福の科学は、何をめざしているのか。―――その答えが、この1冊に。

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2010/12/21Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2011/04/04Posted by ブクログ

      信仰をもつことの功徳や、民族・宗教対立を終わらせる考え方など、人類への希望が示されている本。「なぜ、宗教は必要なのか。どうして信じる必要があるのか。」―その答えがこの一冊に書かれている。

    • 2010/12/25Posted by ブクログ

      あの世があり、善悪というものが存在し、宗教は良きものである。そして、自らの心が世界をつくる。その心の不動の軸に、救世主としてエルカンターレへを信じる事。それが、今求められている事。

    開く
    [{"item_id":"A002074893","price":"1980"}]

    セーフモード