【最新刊】[会社を休みましょう]殺人事件

[会社を休みましょう]殺人事件

吉村達也

616円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    森川晶は、営業部の若きエリート社員。仕事を他人に任せず、何でも一人で抱え込み、残業と休日出勤をしながら、いつもパニック状態。ある日、彼を高く評価している猛烈部長が会社で殺される。死に至る断末魔の表情がコピーされ、社内にばらまかれていた。この全社騒然の異常犯罪で、森川が疑われるが……。会社人間たちの心理をリアルに描きながら、最後に号泣のどんでん返し! 感動のミステリー。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/12/07
    連載誌/レーベル
    集英社文庫
    出版社
    集英社
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • [会社を休みまし...2019/09/14Posted by ブクログ

      ほとんど私の今の願望がそのまんまタイトルになっているなと思えるエバーグリーンな名作サラリーマン小説です。吉村達也さんは初読みなのですが、現代に生きる社会人が永遠に抱え続ける深いテーマの大人の寓話だなと...

      続きを読む
    • [会社を休みまし...2018/12/21Posted by ブクログ

      帯に、有栖川有栖氏の
      「色々な感情が同時に押し寄せてきて、不思議な感動に襲われる」と書かれており、手に取りました。
      感動なんてあるのかな、と。

      結果、感動はありませんでした。苦笑
      凝ったトリックも謎...

      続きを読む
    • [会社を休みまし...2019/09/09Posted by ブクログ

      帯に有栖川有栖の言葉が載ってたので衝動買い。
      ミステリーというより、サラリーマンの悲しさが詰まってた。
      こういう過去があって、今の働き方改革なんだろうけど、今もモーレツ社員は一定数いて、会社にいいよう...

      続きを読む

    セーフモード