世直し源さん(1)

著:業田良家

712円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    ある時代、あるところに、ステテコ姿の「世直し源さん」がいました――。その男・本田源太郎(52歳)は、現職の内閣総理大臣。守旧派・丸井大臣の献金問題が浮上した時、「国会議員性根たたき直し法案」を閣議で提案する。法案を検討した党幹事長は、丸井大臣らを引き入れ、妨害工作に乗り出す。源さんはさらに、国会演説で「国民のためになる独裁政治を行う」と宣言。孤立を深めるかにみえた源さんに、若い議員の中から応援者が現れ…。『自虐の詩』に続く業田ギャグの大作、始動!

    続きを読む

    レビュー

    4.1
    6
    5
    3
    4
    2
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/01/17Posted by ブクログ

      業田良家の懐の深さを見た。難しいお題をそれぞれのキャラの味で面白く仕上げている。
      丸井さんが改心するシーンがよかった。源さんと三友のぼっちゃん、とにかくかっこいいの一言。全3巻。

    • 2013/06/22Posted by ブクログ

      ちょっとプロットが安直か。この作者、政治など書いたら安っぽくなるから止めた方がいいのでは、と思う。もったいない。

    • ネタバレ
      2011/12/23Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード