【最新刊】なぜ世界は存在しないのか

なぜ世界は存在しないのか

マルクス・ガブリエル 訳:清水一浩

1,870円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    世界の最先端を牽引する「新しい実在論」のマニフェスト、ついに電子版登場! 1980年ドイツ生まれのマルクス・ガブリエルは、今、最も注目されている哲学者です。その名を一挙に知らしめた『なぜ世界は存在しないのか』は、さまざまな領域に波紋を生み続けています。日本でも多くの読者を獲得している本書とともに、AIの飛躍的進化が象徴する先の読めない状況の中で、改めて「世界」と「人間」について考えてみましょう!

    続きを読む
    提供開始日
    2018/11/30
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    • 2020/03/12Posted by ブクログ

       ベストセラーにあまり触手が動かない僕だが(読むのがとんでもなく遅いので読みたくても読めないだけ)、こういう本があるからやはり油断してはダメだ。僕は、この著者の主張に対する反発と同意を同時に覚えながら...

      続きを読む
    • 2019/03/24Posted by ブクログ

      哲学で最も基礎的な存在と認識に関する問題に真正面から取り組んでいる。結論だけ見れば、日常的な感覚に即した極めて穏当なものだが、少しでも哲学をかじった者ならば、著者の論の進め方になるほどと思うのではなか...

      続きを読む
    • 2020/02/03Posted by ブクログ

      哲学書にしては非常に分かりやすい語り口と内容。

      キルケゴールを通して、宗教の意味を説く章は白眉。バランスが取れている。

      マレーヴィッチを通して、芸術の意味を説く章も刺激的。

      エンドロールに示され...

      続きを読む
    開く

    セーフモード