海帝 2巻

星野之宣

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 330(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

航海開始。最初の寄港地・占城へ。国内・明での出航準備を終え、南洋諸国へ向かう艦隊は出航間近。鄭和とその艦隊の、最初の寄港地は近隣国・占城(現ベトナム中部)。その地で出会うは、夜な夜な「頭」が飛び交うという不気味な伝承。武力で実権を握ろうとする権力者。明国への強い対抗意識… 何の庇護下にもない航海中の鄭和。どうその危機に対峙するか。そして、航海を続ける中で、船員は「神話的存在」に遭遇し―――――

続きを読む
  • 海帝 全 8 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    海帝 全 8 冊

    5,610円(税込)
    56pt獲得
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(4件)
  • 2021/07/24

    他国の民俗が明らかになっていく展開が面白くて一気に読みました。

    名称未設定 さんのレビュー
  • 2019/04/30

    鄭和艦隊の向かった先は占城。今のベトナム南部に栄えた王国です。そこで越南国(ベトナム北部)との戦争に巻き込まれるも、外交官の力量発揮して難を逃れます。
    危うく捕虜になるところでしたが。

    マラッカ海峡...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2019/04/04

    とうとう鄭和たち一行は大海へ。ベトナムでの怪異やオオイカの攻撃などの困難をくぐり抜け、その先へ!巻末に、大英博物館キュレーター、ニコル・ルマニエール氏との往復書簡を初公開。世界でも星野氏が評価されてい...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード