【最新刊】海帝 3巻

海帝

3冊

星野之宣

702円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    鄭和は航海で、失くしたものを取り戻す。朝貢貿易の任を帯び、南洋諸国へ艦隊の針路を取る鄭和。次の寄港地は、温暖で色彩豊かな島国・爪哇(ジャワ)。土着民、漢人、アラビア商人・あらゆる人種が行き交う地にて鄭和が遭遇した“新たな人種”とは。明国から離れ、本格的に始まった航海を続けていく中で鄭和の「生きる指針」が明らかに――

    続きを読む
    ページ数
    208ページ
    提供開始日
    2019/07/30
    連載誌/レーベル
    ビッグコミック
    出版社
    小学館
    ジャンル
    青年マンガ
    • 海帝 全 3 巻

      未購入巻をまとめて購入

      海帝 全 3 巻

      1,998円(税込)
      19pt獲得
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    4.5
    4
    5
    2
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/07/31Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/04/30Posted by ブクログ

      中国・明の時代。いわゆる世界史の大航海時代より先に、大海を支配した中国の大航海時代。その第一人者の鄭和の物語。

      どんな物語を描くのか、と思いきや明の二代皇帝・建文帝の亡命伝承を交えてきそうです。遠く...

      続きを読む
    • 2019/03/18Posted by ブクログ

      中国・明の時代に実在した鄭和の海洋冒険物語。星野氏の画力が輝る。主人公の人間的魅力がいい。男らしい(実際は宦官なので違うんだけれども)。この作品で初めて鄭和を知った。教科書にはのってないのはなぜ?

    開く

    セーフモード