私この度、王国騎士団独身寮の家政婦をすることになりました(1)

著者:如月美樹 イラスト:蔦森えん

1,296円(税込)
ポイント 12pt

「な……何!? このキラキラ王子様たちは……」来月で三十歳になる鈴原梓紗は『貯金が趣味』のオヒトリサマ。己の枯れっぷりに虚しさを感じる深夜残業帰り、誰かにお尻を押されて電車の前に転がり落ちた――はずなのに、なぜだか見知らぬ場所でむさ苦しい男たちに囲まれていた! 娼婦と間違われ襲われそうになった梓紗を助けてくれたのは『王国騎士団』の騎士たち。キラッキラな美形ばかりの騎士たちは梓紗を『渡り人』と呼び恭しく傅き、過保護なまでに世話を焼き、ごく自然に姫抱っこをする。恋愛経験値が低い梓紗はそんな彼らに「アラサーにそんなことさせて、ごめんなさい」と内心、大パニック。異世界から来た『渡り人』は国の保護対象となるらしく『姫扱い』で王城に迎え入れられものの、バリバリに働いてきた梓紗は優雅な生活になじめない。元の世界に帰る方法を探すためにも「働きたい」と言い出した梓紗に、国王は『王国騎士団独身寮の家政婦』として勤めることを勧めてきて……

続きを読む

レビュー

3
1
5
0
4
0
3
1
2
0
1
0
  • 2018/12/11Posted by ブクログ

    三十路を前に、事故で異世界に転移してしまった梓紗。盗賊に襲われた梓紗を助けてくれたのは、王国騎士団だった。騎士様達は、驚くほどにキラキラした美形ばかりで…? アラサー異世界転移、逆ハーレムもの。 ...

    続きを読む

セーフモード