眠れぬ夜のために―1967-2018 五百余の言葉―(新潮新書)

五木寛之

799円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    めまぐるしく転変する、先の読めない時代。人はしばしば世の不条理と人生の浮き沈みに眠れぬ夜を過ごす。だが、どんな時代でも人の苦しみの総量は変わらない、と著者は言う。とらわれ過ぎず、そしてよく目を凝らし、口笛を吹きつつ闇の中を歩いていこう。やがて訪れる夜明けを待ちながら――。時代、歴史、物語、愛、人生など様々なテーマをめぐり、半世紀にわたる思索から紡ぎ出された初の箴言集。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード