【最新刊】東京裁判「神話」の解体 ──パル、レーリンク、ウェブ三判事の相克

東京裁判「神話」の解体 ──パル、レーリンク、ウェブ三判事の相克

戸谷由麻/デイヴィッド・コーエン

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    東京裁判は「勝者の裁き」であり、インド代表パル判事とオランダ代表レーリンク判事の反対意見は、その欺瞞を暴き出すものだとの論が日本の国内論議で長くみられた。だが、パルやレーリンク意見には重大な誤謬と恣意性があり、東京裁判の功績と問題点の歴史的・法理学的理解を大きく歪めている。東京裁判研究者の戸谷と国際法の大家コーエンが、従来見過ごされてきたウェブ裁判長による判決書草稿を読み解き、東京裁判の過程を再検証。判決から70周年を迎えた今、知られざる真相を解明する。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/11/23
    連載誌/レーベル
    ちくま新書

    レビュー

    • 2019/04/28Posted by ブクログ

       法学の立場から東京裁判を記した本書。恣意性を排し、感情を脇に置き、一つ一つ論理を積み上げている、という感がする。

       ある時間、ある場所における個人の決断と言うものを、丁寧かつ厳しく見ている。それに...

      続きを読む
    • 2019/04/15Posted by ブクログ

      序文を立ち読みして、気になったので衝動買い。本書のキモは「パル判決」批判だろう。一部の歴史家の間で「パル判決」として礼賛されているパル判事による意見書が、公判内容無視で書かれたアジビラのようなものであ...

      続きを読む

    セーフモード