聖者の贈りもの 運命を捨てたつがい

雨宮四季 イラスト:やん

638円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

オメガとしても悲惨な身と差別されてきた夕緋は、一名限定で無料で受けられるというフェロモン分泌腺除去手術に一縷の望みを賭けていた。だが望みは叶わず、ショックで発情状態に。そんな夕緋を助けてくれたのは、一回り以上年上のエリートアルファ・公賀空彦だった……はずが、空彦は夕緋を“運命のつがい”だと言い、陵辱する。さらなるショックを受けた夕緋が目を覚ますと、世界は一変していて……!?

続きを読む

レビュー

レビューコメント
  • 運命の番として出会いながらも、フェロモン腺除去手術をうけΩを捨て去って生き生きしている受とは対照的に、受への未練を捨てられずに居るハイスペック攻。もう少し手術前にオメガ性以外に惹かれ合う描写があるとよ...

    続きを読む
  • ネタバレ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • ブックパス。Ωで親に捨てられ養護施設で育った夕緋は、全てを投げ捨て都会の病院でΩ除去手術の対象者になろうとお願いしにいくも、所詮α優遇の世界。由緒正しい家に生まれたΩが対象であって、貧乏人のΩの為では...

    続きを読む
  • Ωの性質を強制排除したΩと、そのΩが運命のつがいだったαの話。

  • 他の話でもそうだけど、いいように扱われて冷たい眼で見られて、蔑まされれば…、この選択肢は一択だよね。のっけから鼻であしらわれたΩ、番と確信しても、望み通りにしたα。性はなくしても番は番。めでたしめでた...

    続きを読む

セーフモード