【最新刊】機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか

機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか

1冊

井上寿一

935円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    リットン調査団への接待攻勢、諜報活動に努める杉原千畝ら外交官。満州国の正当化のためのメディア対策……。奇跡的に残存する1931~1936年の外交機密費史料。領収書の数々は何を語るか? インテリジェンス、接待、広報など、機密費史料から中国大陸での外交活動を復元し、満洲事変から盧溝橋事件へといたる道を描き出す一冊。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/11/14
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    4.3
    3
    5
    1
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/06Posted by ブクログ

      領収書が揃っているという点で機密でもなんでもないのだが、無味乾燥なカネの流れから歴史を推論するという挑戦的な試みに取り組んだ事は評価すべきである。が、結局は新しい発見があったというよりも、これまでの歴...

      続きを読む
    • 2019/04/05Posted by ブクログ

      機密費というキャッチーなテーマにとらわれてか、資料も少ない中、接待費やコックの費用など冗長な内容が続く。5章、いきなり良くなる。機密費とはちょっと外れた感はあるが、「日中戦争はなぜ避けられなかったか」...

      続きを読む
    • 2019/02/13Posted by ブクログ

      第1章 満州事変下の外交官
      第2章 インテリジェンスと接待―ハルビン・上海・奉天
      第3章 上海事変と松岡洋右
      第4章 リットン調査団をめぐる接待外交
      第5章 満州国の理想と現実
      第6章 日中外交関係の...

      続きを読む
    開く

    セーフモード