【最新刊】ゆかいな認知症 介護を「快護」に変える人

ゆかいな認知症 介護を「快護」に変える人

1冊

奥野修司

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    認知症の人の思いや本音を聞いてみると、実は家族が持っている情報が間違っているために、自ら介護を大変なものにしているのではないかと思うことがよくありました。誤解の上に成り立った介護は、介護するほうにもされるほうにも、苦痛を与えるのは当然です。彼らの心の内側を知れば、認知症と診断された人だけでなく、介護に苦労している家族にとっても貴重な情報になるにちがいない、そう確信しました。――「はじめに」より

    続きを読む
    提供開始日
    2019/01/11
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/03/12Posted by ブクログ

      認知症になったら人生終わる、は間違い。出来なくなることはあるけど、出来ることもある。何も出来ないと決めつけないで、何か出来ることを見つけること。本人も周囲も。
      自分や周りが認知症になった時への備えとし...

      続きを読む

    セーフモード