【最新刊】フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器

フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器

著者:一田和樹

924円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「ねつ造された報道」などというイメージとは異なり、いまや新しい戦争ツールとして重要な役割を担っているフェイクニュース。国家が本気でその対策を取る時代になっているにもかかわらず、日本では報じられない姿。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/11/10
    連載誌/レーベル
    角川新書
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    3.5
    4
    5
    0
    4
    2
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/12/04Posted by ブクログ

      ハイブリッド戦という戦争の概念を元に、世界に蔓延するネットによる世論操作の実態を解説している。

      ハイブリッド戦とは、軍事行動だけでなく、経済、政治、文化など国家のあらゆるものを兵器として、相手国を支...

      続きを読む
    • 2019/12/31Posted by ブクログ

      繰り返しの箇所が多いのと、ファクトをちゃんと積み上げる記述が多いので、実となる部分はちょっと少なめなので書籍としてはあれですが、「なるほどフェイクニュースとはこういうことなのか」「超大国の情報戦とはこ...

      続きを読む
    • 2019/06/12Posted by ブクログ

      【目次】
      1.フェイクニュースが引き起こした約十三兆円の暴落
      2.フェイクニュースとハイブリッド戦
      3.世界四十八カ国でネット世論操作が進行中
      4.アジアに拡がるネット世論操作 政権ダッシュからリンチ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード