【最新刊】データサイエンス「超」入門(毎日新聞出版) 嘘をウソと見抜けなければ、データを扱うのは難しい

データサイエンス「超」入門(毎日新聞出版) 嘘をウソと見抜けなければ、データを扱うのは難しい

1冊

著:松本健太郎

1,300円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

    世界は今、嘘とフェイクに満ちあふれている。ニュースも、ウェブ検索も、専門家の言うことも、鵜呑みにすれば騙されてしまう。本書は今もっとも注目を集めるデータサイエンティストが、データに注目して「嘘を見抜く技術」を解説! 世論調査の結果はなぜ各社異なるのか? アベノミクスによって景気は良くなったのか? 「最近の若者は……」論の誤り。本当に地球は温暖化しているのか?……etc. 新時代の教養「データサイエンス」の入門書として、数学が苦手な人、統計学に挫折した人にもわかりやすい一冊!

    続きを読む
    提供開始日
    2018/11/09
    連載誌/レーベル
    毎日新聞出版
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    3.1
    7
    5
    0
    4
    2
    3
    4
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/08Posted by ブクログ

      データを見る自分に自然とバイアスがかかっていることを認識することができた。複雑なものをシンプルに考えようとしがちだけど、そうじゃない真実もあるということを理解した上でデータを見る必要があるなと感じた。...

      続きを読む
    • 2019/03/03Posted by ブクログ

      データを正しく理解すること。データは万能ではないけど、そこから読むことができることもあるということがわかった気がする。とはいえ、結構難しいというか、基礎として必要な知識も必要なのでなかなか大変。

    • 2019/02/27Posted by ブクログ

      タイトル通り「超」入門な内容だった。実際に取り組む前に概要をなぞりたいという人にはオススメ。庶民的で弱者に寄り添う文体がポップで面白いのでそれもあってかスラスラ内容が入ってきた。
      数字に踊らされないた...

      続きを読む
    開く

    セーフモード