限界の現代史 イスラームが破壊する欺瞞の世界秩序

内藤正典

847円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    シリア、イエメンなど中東で頻発する虐殺や弾圧、それから逃れる大量の難民、欧米で繰り返されるテロなどの問題に対して有効な手立てを失った国際社会。その背景には、アメリカ、EU、国連、領域国民国家、西欧啓蒙思想など、第二次大戦後の世界の安定を担ってきたシステムと秩序の崩壊という現実がある。この崩壊過程の末には何があるのか? トルコを中心としたスンナ派イスラーム世界の動向と、ロシア、中国といった新たな「帝国」の勃興を見据え、展望を解説する。現代の“限界”の理由を概観し、文明の衝突を超え、日本はどうあるべきかを考えるための、現代史講義。 【目次】はじめに/第一章 限界のEU、啓蒙の限界/第二章 限界の国民国家/第三章 限界の国連/第四章 限界を超えるためのパラダイムを求めて/終章 帝国の狭間で/おわりに

    続きを読む

    レビュー

    • 2018/11/04Posted by ブクログ

      内藤正典氏(1956年~)は、中東の国際関係を専門とする地理学者・国際政治学者。
      本書は、著者曰く「私が専門とする中東とヨーロッパ、イスラーム地域を切り口に現代の「限界」を浮き彫りにしようとする試み」...

      続きを読む
    • 2019/02/14Posted by ブクログ

      領域国民国家の存続が危ぶまれている中で、これからどのような視点で世界を、そして日本をとらえていけばいいのかという明確な示唆を与えてくれる本である。
      特に、イスラム世界のことについては、その宗教的な背景...

      続きを読む
    • 2019/01/05Posted by ブクログ

      日本国民もそろそろ覚悟が必要です!これぐらいの本を読んで、国民や国家というもののあり方を根源的に考えることを、少しは習慣づけるべきでしょう。

    開く
    [{"item_id":"A002055176","price":"847"}]

    セーフモード