【最新刊】日銀破綻 持つべきはドルと仮想通貨

日銀破綻 持つべきはドルと仮想通貨

1冊

著:藤巻健史

1,188円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ちょっとしたきっかけで日本(株・国債・円)売りは突然始まる!日銀は国会で、異次元緩和という出口なき後始末をどう弁明しているのか?効果がないにもかかわらず、政府と日銀は、異次元金融緩和をゆるめようとはしない。異次元金融緩和の何が問題かというと、その出口戦略が皆無であることだ。金融緩和をやめれば金利は暴騰、円は暴落するのは歴史をみても明らかである。現在、市場が暴走しないのは日銀がひたすら国債を買っているからであって、こんなことが永遠に続けられるはずはない。そして日本の借金は膨れ上がる一方で、世界や有識者からの警告が政府と日銀に届くことはないのが現状である。危機が起こるのを黙ってみていれば、一文無しになってしまう。日本人はどうすれば自分の資産を守れるのか? 避難通貨として持つべき米ドル仮想通貨についても詳しく解説する。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/11/07
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    3.2
    4
    5
    1
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/10/06Posted by ブクログ

      政府が破綻することはないが日銀は破綻する。
      財政がまずい。増税の必要があるが民主主義では難しいし、どうせもはや焼け石に水。ハイパーインフレによって円の価値が吹き飛ぶことで国民から政府への所得移転、徳政...

      続きを読む
    • 2019/04/30Posted by ブクログ

      明日、新しい時代である「令和」を迎えるにあたり、部屋の片隅に読みかけとして置かれていた本を一斉に整理することにしました。恐らく読み終えたら、面白いポイントが多く見つかると思いますが、現在読んでいる本も...

      続きを読む
    • 2019/03/01Posted by ブクログ

      だいたい投資の方針はそう離れてない。仮想通貨は前に口座開設出来ずに止まってたので別の取引所で開設した。

    開く

    セーフモード