江戸を造った男<文庫版>

伊東潤

704円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

    伊勢の貧農に生まれた七兵衛(後の河村瑞賢)は江戸に出て、苦労の末に材木屋を営むようになり、明暦3(1657)年、明暦の大火の折に材木を買い占めて莫大な利益を得る。やがて幕府老中の知遇をえて幕府の公共事業に関わっていく。日本列島の東廻航路・西廻航路の整備や全国各地で治水・灌漑・鉱山採掘などの事業を手がけ、その知恵と胆力で次々と難題を解決していく。新井白石をして、「天下に並ぶ者がない富商」と賞賛された男の波瀾万丈の一代記。2018年は河村瑞賢生誕400年。ビジネスパーソン必読の長編時代小説。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード