【最新刊】違和感

違和感

太田光

1,540円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    テレビ、笑い、人間関係、いじめ、テロと戦争、憲法九条、死生観・・・etc. 鬼才・太田光が無言の圧力になっている“世間の常識”の上っ面を剥ぎ取り、深層へと迫る! 世の中にモヤモヤしている人、必読の書です! また、尊敬するビートたけし、立川談志師匠と太田光三人が、上野のうなぎ屋で語った抱腹絶倒の芸能ウラ話なども満載!

    続きを読む
    提供開始日
    2018/10/31
    連載誌/レーベル
    扶桑社BOOKS
    出版社
    扶桑社
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    • 2018/08/05Posted by ブクログ

      大物では決してないけど、
      太田光の考えをしっかりと持っている。
      光代さんの次に応援してます。
      いつか真ん中に立ってほしい。
      田中と。

    • 2018/10/07Posted by ブクログ

      スペインの内戦を描いたゲルニカから数えて4か月後に描かれたのがピカソの「泣く女」。ご存知のとおり写実ではなくキュビズムの技法で描かれている。写実的な絵画を事実と言うのなら、「泣く女」はぐちゃぐちゃで事...

      続きを読む

    セーフモード