【最新刊】ニッポン2021-2050 データから構想を生み出す教養と思考法

ニッポン2021-2050 データから構想を生み出す教養と思考法

1冊

著者:落合陽一 著者:猪瀬直樹

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人口減少、低成長、高齢化……山積する課題を解決し、新しい時代を構想するためには、今の日本を規定する「近代」を見つめ、機能不全の構造をアップデートする必要がある。実践者二人による社会を変えるヒント。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/10/31
    連載誌/レーベル
    角川書店単行本

    レビュー

    3.8
    22
    5
    5
    4
    11
    3
    4
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/09/23Posted by ブクログ

      落合陽一氏と猪瀬直樹氏との対談、人口・産業、日本の風景(文化)、統治(政治)、人材(教育)について落合氏が発案した内容について猪瀬氏がお得意の近代史や自身の政治経験から歴史やデータで裏付けて補足を行い...

      続きを読む
    • 2019/09/17Posted by ブクログ

      「それぞれの世代ごとに経済成長についてさまざまな見方があること」とありますが、若い世代の方々にとっての経済成長とは、いったい何を目指しているのか。10年、20年先の日本を構想していかねばならないと感じ...

      続きを読む
    • 2019/09/17Posted by ブクログ

      猪瀬直樹氏の言葉が具体的に生きたな歴史の言葉を伝えてくるのに対して、落合陽一氏の言葉は明るい未来を描き、それに賛同する者を鼓舞する抽象度の高い言葉を放つ。

      日本の将来の構想者のような活躍ぶりの落合...

      続きを読む
    開く

    セーフモード