まれびとパレード

50%OFF

著者:越谷オサム

1,760円880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    ゾンビ、座敷わらし、泥田坊、邪鬼――。彼らに出会ったら、何だか少し、変わるかも!?人生を変えてくれたのは、人間ではない何かでした――。『陽だまりの彼女』の越谷オサム最新作。元恋人に再会した私。でも、彼はゾンビになっていて――。(「Surfin’ Of The Dead(邦題:サーフィン・ゾンビ)」引きこもりの弟が恋したのは、座敷わらしだった!?(「弟のデート」)怪しい男の声がする。通報を受けて倉庫跡地に行った市職員が出会ったのは――。(「泥侍」)興福寺東金堂の四隅を護る四天王立像。彼らに踏まれ続けている邪鬼たちの冒険譚。(「ジャッキーズの夜ふかし」)

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    5
    5
    2
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/09/06Posted by ブクログ

      どの話も特に盛り上がりや意外性がなくて面白くなかった。全体的にウケ狙いが目立つのが残念。市役所の主人公のキャラクターとか。

    • 2019/06/22Posted by ブクログ

      4作からなる短編集。全体としては星3つの評価だけど、「泥侍」の話は非常に良かった。自分も似たような組織で働いているからかもしれない。ターミネーターパロディのシーンは笑えたし、読後に爽快感があった。

    • 2019/02/25Posted by ブクログ

      ゾンビ、座敷わらし、泥田坊、邪鬼。
      この世ならぬものたちなれど
      ほんの少し違う世界なだけのあっさりとした捉え方が良い。
      [図書館・初読・2月25日読了]

    開く

    セーフモード