【最新刊】さよならちんちん ウェルカムまんまん ~OLになりたくて性別適合手術しました~

さよならちんちん ウェルカムまんまん ~OLになりたくて性別適合手術しました~

作画:鈴木倫 原作:上川依子

990円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

性同一性障害として生まれた、体は男性、心は女性(しかもレズビアン)の主人公が、性別適合手術をし、戸籍を変え、OLとして就職するまでの困難と爆笑の実話を描いたコミックエッセイ。SNSで話題の作品「パッチワークま〇こ よりぴchan!」が全ページ改稿、描き下ろしで書籍化! 上川依子(通称よりぴちゃん)には、同僚にも隠している秘密があった…。それは、女性として働いているが、じつは…おち〇ち〇がついているのだ! 性同一性障害で体は男性だが、心は女性のよりぴちゃんは、いつか本当の女性になりたいと働いて手術費用を貯めていた。ある日、会社の緊急会議があり、会社が解体することが決定。途方にくれる帰り道…ふと立ち寄ったスーパーで手に取った「タイ産マンゴー」を見て「そうだ! この機会にタイでま〇こを作ろう!」と決意する。すでに手術済みの友達などのアドバイスを受けて、タイで男性から女性になる手術を受ける。そして、術後のトラブルや痛みを伴うケアを乗り越え帰国。戸籍変更の手続きと就職活動を経て、ついにOLとして働くことになる…。さまざまな困難と笑えるエピソード、知ってそうで知らない性別適合手術のこと、LGBTの本音や実情など、いろんなことを知るきっかけになる、社会人必読の(!?)の一冊

続きを読む
ページ数
157ページ
提供開始日
2018/10/31
連載誌/レーベル
リュエルコミックス
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4.5
2
5
1
4
1
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/07/19匿名
    性同一性障がいを身近に

    特別視されがちなLGBT。この本を読むとそんな彼らも普通の人間なのだなと実感させられる。もちろん、主題となっている性転換手術の内容は驚きの連続。作者のオープンさがうかがえる。

  • 2018/11/25Posted by ブクログ

    具体的に性別適合手術について書かれた本。
    読んでいて痛そうな場面がたくさんあって、
    胸がしくしく、胃がキュッとした。
    漠然と、痛みを超えて新しい自分になるという意味では出産と同じようなものなのかな.....

    続きを読む

セーフモード