【最新刊】空気は読むものではない。吐いて吸うもの―――自由を見失わず自由に生きる

空気は読むものではない。吐いて吸うもの―――自由を見失わず自由に生きる

著者:藤原東演

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    自分を見失わず自由に生きるために、心に留めておきたい30のこと。・自分の心を冷凍しない・智慧とは「自分を見失わない」こと・人間関係の秘訣は“小さな垣根”・親から独立宣言をしよう・欠点こそ武器になる日頃から悩み相談を受けることの多い、禅宗のお坊さんが、若い人に向けてのメッセージをまとめた1冊。禅語や自らの経験談、失敗談を交えながらの話には、これからの人生を歩くヒントに溢れています。■目次はじめに 人生仕入れのとき――その“悩み”が肥やしとなる●1章“過去の私”を“今の自分”の励みにするという生き方・誰もが持つ“素晴らしいギフト”を発掘するために・感性を澄まして生きていく・精一杯やったことは、けっしてムダにならない・“自分を育てる勇気”が幸せの種に・成功も失敗も「小さく」ていい・自分の心を“冷凍”しない●2章 日々のちょっとした意識が人生を大きく変えていく・「興味がわく」という感覚を大切に・“空気”なんてよまなくていい・自分で自分を見くびるな・「このサザエ十六文」――自分の殻に閉じこもらない・欠点こそ武器になる・正しい道は一つではない●3章 本当の意味で「大人になる」ということは・「残りの姿」が美しい人・“子ども”と“大人”の決定的な違いとは・人間の成熟は「言葉の修行」にある・“言い訳”をしたくなったら・不平不満に振り回されないために・智慧とは「自分を見失わない」こと●4章 大人の人間関係には「ルール」がある・相手の見えない心を「観る」ために・人間関係に必要な“ほどよい距離感”・「小さな垣根」を意識する・幅広い年齢層と付き合う・メンターを見つけよう・世間は甘くないと知る●5章 まず「その一歩」を踏み出そう・親から「独立宣言」をする・時間とは“命”そのもの・「十年を一生」ととらえてみると・自国について矜持を持つ・「食べていければ十分」では夢がない・結果よりも「やってみる」ことが大事■著者 藤原東演宝泰寺住職、サールナートホール館長

    続きを読む
    提供開始日
    2018/10/25
    出版社
    あさ出版
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューコメント(1件)
    • 空気は読むもので...
      2020/07/16

      様々な参考書を提示しながら自分の考え方、捉え方を分かりやすく説明してくれる。『愚痴』の捉え方に納得。道理を理解して感情的には動かないように一呼吸置く事。

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード