【最新刊】マツリカ・マトリョシカ (角川ebook)

「マツリカ」シリーズ

1冊

著者:相沢沙呼

1,210円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「青春を、謎を解くことに捧げられますか?」柴山祐希、高校2年生。彼は学校の近くにある廃墟ビルに住んでいる、謎の美女・マツリカさんに命じられて、学校の怪談を調査している。ある日、偶然出会った一年生の女子から『開かずの扉の胡蝶さん』の怪談を耳にする。密室状態の第一美術室で2年前に起きた、女の子が襲われるという事件。解決されないまま時が過ぎ、柴山の目の前で開かずの扉が開くことになったが、そこには制服を着せられたトルソーが、散らばる蝶の標本と共に転がっていた。現場は誰も出入りできない密室という状況で再び起きた事件。柴山が犯人と疑われてしまう事態になってしまい……。彼はクラスメイトと共に、過去の密室と現在の密室の謎に挑む!!電子書籍特典付き。※本書は2017年8月25日に配信を開始した単行本「マツリカ・マトリョシカ」をレーベル変更した作品です。(内容に変更はありませんのでご注意ください)

    続きを読む
    提供開始日
    2018/11/05
    連載誌/レーベル
    角川ebook
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    3.3
    13
    5
    1
    4
    4
    3
    7
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/04Posted by ブクログ

      ミステリ。シリーズ3作目。
      人の死なない密室事件。
      相変わらずの太腿と攻撃的な女性キャラ。
      次々と仮説を披露する展開は、よくあるスタイルですが、やはり面白い。
      シリーズでも一番本格的なミステリなのでは...

      続きを読む
    • 2019/01/22Posted by ブクログ

      開かずの部屋にある真実。
      色んな人の思惑が交錯し、自分の考えばかりを提示したからこそ答えにたどり着くことが出来なかったのかもしれない。
      売り言葉に買い言葉というが、わざわざ相手の挑発に乗り自ら罪を被る...

      続きを読む
    • 2018/06/30Posted by ブクログ

      多重推理物。感服しました。 マツリカに怪談の調査を命じられる主人公、柴山。彼は調査中、ストラップをテニス部室に落としてしまいます。そこに重なった制服盗難事件。当然、柴山は容疑者とされ、自身で真相解明に...

      続きを読む
    開く

    セーフモード