【最新刊】漱石センセと私

漱石センセと私
1冊

出久根達郎

1,317円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

俳人・歌人の久保より江(1884-1941)の波乱万丈の半生を、名筆家・出久根達郎が情緒豊かに描いた長編小説!漱石センセに恋い焦がれた少女時代、漱石の妻・鏡子との奇妙な絆、正岡子規から学んだ俳句、そして生涯の伴侶・久保猪之吉との出会い──。松山に住む美少女が、漱石、鏡子、子規、高浜虚子、柳原白蓮らとの出会いや別れを通して、やがて大人の女性へと変貌を遂げていく。「センセ」はどんな人なのか?鏡子夫人は本当に「悪妻」だったのか?より江から見た、知られざる「夏目漱石」を描く!

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード