【最新刊】青い島の教室

青い島の教室

池永陽

906円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    島の子どもたちと”不器用”で”ぐうたら”な先生が織りなす感動の物語夜回り先生 水谷修氏、絶賛!「多くの教師たち、苦しんでいる生徒たちに読んで欲しい」<あらすじ>都内で中学教師を務めていた柏木真介は、体罰を問題視され伊豆諸島の離れ小島に異動を命じられる。「学校改革」を掲げる校長の岩崎は、柏木に協力を求めるが、やる気を無くしていた彼には、その想いは伝わらなかった。苛め、学級崩壊、保護者からの理不尽なクレームなどの問題が重なる中で迎えた夏休み……思いもよらない事態が起こるのだった。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/10/26
    連載誌/レーベル
    潮文庫
    出版社
    潮出版社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      暴力事件を起こし、田舎の学校に赴任した教師の物語。
      暴力事件は教育に真摯に取り組んでた中で起こった事ではあるが、行き過ぎ感は否めない。
      ただ、それで腑抜けになってしまったのか、ぐうたら教師と呼ばれるこ...

      続きを読む

    セーフモード