【最新刊】成巌寺せんねん食堂 おいしい料理と食えないお坊さん

成巌寺せんねん食堂

1冊

著者:十三湊

649円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    長年勤めた小さな会社を退職した千束。部屋の掃除をすませ、鼻歌を歌いながら料理でも作ろうと考えていたとき、スマホが鳴った。 実家の父から、祖父が倒れたと聞き、慌てて北陸の実家に戻る。そこは名刹・成巌寺の仲見世で、三百年以上続く精進料理屋「せんねん食堂」。 寺と食堂を巡る騒動に巻き込まれた千束は、イケメン僧侶となった幼馴染み、清道&隆道兄弟と再会する――。 人気シリーズ『ちどり亭にようこそ』の十三湊による愉快痛快な新作、登場!

    続きを読む
    提供開始日
    2018/10/25
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/01/14Posted by ブクログ

      諸事情で職場を退職した主人公は、父親からの連絡により
      急遽実家がある故郷へ帰る事に。

      慌てて帰ってみれば…ないらっと感。
      これは父親と言えど、ぶっとばしていいかと思われます。
      故郷は田舎独特の、情報...

      続きを読む
    • 2019/06/03Posted by ブクログ

      女性の生き方の転換期の物語であり、商店街再興ものであり、幼馴染もので、お坊さん萌えでもある。
      昔、“坊主丸もうけ”なんて言われたが、最近は檀家というシステムも消えつつあり、お寺もお坊さんも、経済的に厳...

      続きを読む
    • 2018/10/25Posted by ブクログ

      【十年ぶりに帰省したら幼馴染みが美僧侶に――】

       長年勤めた小さな会社を退職した千束。部屋の掃除をすませ、鼻歌を歌いながら料理でも作ろうと考えていたとき、スマホが鳴った。
       実家の父から、祖父が倒れ...

      続きを読む

    セーフモード