【最新刊】子の無い人生

子の無い人生

著者:酒井順子

572円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『負け犬の遠吠え』刊行後、40代になり著者が悟った、人生を左右するのは「結婚しているか、いないか」ではなく「子供がいるか、いないか」ということ。子がないことで生じるあれこれに真っ向から斬りこむ

    続きを読む
    提供開始日
    2018/10/24
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    • 2020/02/26Posted by ブクログ

      未婚子なし筆者の本音エッセイ。既婚子なしが予想以上に苦しんでいるという事実に驚いた。Dinksという言葉もあるのに。また本書に書かれていた子育て右翼化は、発生しても仕方ないと感じた。多様化して従来の当...

      続きを読む
    • 2019/04/27Posted by ブクログ

      人にはなかなか言えないココロの声を、酒井順子さんが全て活字にして下さったように感じる。

      そうそう、幸せな人はときにとても残酷だ。
      結婚して子供もいて、さらには仕事もデキる女性が増加中というのも事実。...

      続きを読む
    • 2019/10/13Posted by ブクログ

      この本を読む人は、きっと子の無い人だと思いますが
      私はちょっと焦りました!

      子がいる人、いない人。
      持つ者、持たざる者。
      そんな風に、線を引かなくてもいいのだけど。

      子を持つ人にしかわからないこと...

      続きを読む
    開く

    セーフモード