【最新刊】憲法問答

憲法問答

1冊

著:橋下徹 著:木村草太

1,485円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    憲法改正に関する議論は、これから国民単位で語られる重要なテーマ。ほかにも君が代問題、死刑制度の是非など、法にまつわる課題は山積している――。前大阪市長の橋下徹と、憲法学者の木村草太が繰り広げる「憲法問答」から、この国のあるべき姿、国際社会との協調においていかなる道を歩むべきなのかが浮かび上がってくる。10時間以上に及ぶ対談で白熱した議論は、対立構造や二元論を超えた、深みある“憲法論”となった。全国民必読の一冊!【目次】まえがき/木村草太序章/対談後、アフタートーク第1章/憲法に何を書いてはいけないのか・政治家は憲法を読んでいない?・憲法は国に対する義務規定・「法律婚尊重」の不平等性・間接適用説を知らない国会議員第2章/本当の「立憲」の話をしよう・権力の縛り方・立憲とは憲法を拠り所にすること・「法の支配」とは・最高裁人事を内閣が選ぶのは政治介入?・教科書採択とルール・文楽発言の真意・ダメなやつを辞めさせるのが民主主義第3章/地方と憲法大阪都構想での住民投票辺野古移設問題と憲法解決のカギは手続法第4章/9条との対話(1)─「当てはめ」か「解釈」か・あまりにも憲法ありき?・自衛権の定義とは?・サイバー攻撃と新しいルール作り・72年見解は「遺産」なのか?第5章/9条との対話(2)─「軍」なのか「行政」か・日本には軍の規則がない?・どうなる、集団的自衛権・自民党の改憲案について考える第6章/「 護憲」「改憲」の二元論を超えて・実は根拠のない内閣の解散権・憲法裁判所の必要性・国民に付すべきか、付さぬべきか・「鍵」として機能する憲法・憲法は権力を動かすかあとがき/橋下徹

    続きを読む
    提供開始日
    2018/10/20
    出版社
    徳間書店
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    4.4
    5
    5
    2
    4
    3
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/05Posted by ブクログ

      対立する意見を持っていても、相手の意見を聴いた上でその対論を述べることの重要さと、面白さを改めて教えてくれる一冊。

      橋下徹は、やろうとすることに賛否はあるだろうけど、やり方は基本的にフェアであろうと...

      続きを読む
    • 2019/10/03Posted by ブクログ

      説明が上手い二人の対談なので、憲法という硬い話題でも分かりやすく話に入り込めた。それでも中盤難しくてあまり深く理解できなかったところもあったので、これから二回、三回と読んでいきたい

    • 2019/09/10Posted by ブクログ

      憲法の役割について、これまでで一番理解できたと思います。議論が噛み合ってない部分が長すぎますが、それもまた、社会の縮図かと思えば、趣があります。

    開く

    セーフモード