小説 ルカの介護日記

与儀清安

540円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

「愛の重さ」「和佐富士は見た 松下幸之助の伝説的原点」に次ぐ第三作、「ルカの介護日記」である。ファッションモデルになっていく過程で、母が痴呆症になり、友達トシ子の強烈な生き様を見た時、人間として、新たな人間性に目覚め、ひとり暮しであった母を支えていく決意する物語である。もし、このような言い方を許してもらえるならば、人間の感情を刺激する精神文学と言いたい。小説というもの、本来、自由創作である。現代文学で何か、欠けているものがあるとすれば、そこを私は埋めていきたい。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード