【最新刊】富士

富士

武田泰淳

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    悠揚たる富士に見おろされる戦時下の精神病院を舞台に、人間の狂気と正常の謎にいどみ、深い人間哲学をくりひろげる武田文学の最高傑作。自作を語る「富士と日本人」、担当編集者・村松友視によるエッセイ「終章のあとのエピローグ」などを収めた増補新版。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/10/12
    連載誌/レーベル
    中公文庫
    出版社
    中央公論新社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • 富士
      ネタバレ
      2020/07/14Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 富士2019/03/11Posted by ブクログ

      悠揚たる富士に見おろされる精神病院を舞台に、人間の狂気と正常の謎にいどみ、深い人間哲学をくりひろげる武田文学の最高傑作。〈解説〉堀江敏幸

    • 富士2018/09/01Posted by ブクログ

      新装版で再読。
      本書はかなりクォリティの高い『幻想小説』でもある……と思っているのだが、賛同してくれる人はいるのだろうかw

    セーフモード