【最新刊】昨日の海と彼女の記憶

昨日の海と彼女の記憶

1冊

著:近藤史恵

730円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    どちらかがどちらかを殺した?――。夏休みのある日、海辺の小さな町の高校生・光介の家に、母の姉・芹とその娘の双葉がしばらく一緒に暮らすことになった。光介は芹から、二十五年前の祖父母の死が、実は無理心中事件であったと聞かされる。カメラマンであった祖父とそのモデルを務めていた祖母。二人の間に何が起こったのか。切ない真相に辿り着いたとき、少年はひとつ大人になる。『昨日の海は』を改題。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/10/12
    連載誌/レーベル
    PHP文芸文庫
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.4
    5
    5
    0
    4
    2
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/01Posted by ブクログ

      どちらかがどちらかを殺した?―。夏休みのある日、海辺の小さな町の高校生・光介の家に、母の姉・芹とその娘の双葉がしばらく一緒に暮らすことになった。光介は芹から、二十五年前の祖父母の死が、実は無理心中事件...

      続きを読む
    • 2019/09/06Posted by ブクログ

      両親と三人暮らしだった光介が、伯母(母の姉)とその娘と一緒に住むことになり、母方の祖父母の心中事件を改めて探る物語。
      東京から戻ってきた伯母に、祖父母のどちらかがもう片方を殺したのだと聞かされた光介は...

      続きを読む
    • 2018/11/04Posted by ブクログ

      夏休みのある日、海辺の田舎の町で暮らす光介の家に、母の姉、芹とその娘の双葉が東京から引っ越し、一緒に暮らすことになった。
      光介は芹から、25年前の祖父母の死が無理心中であったことを聞かされる。

      光介...

      続きを読む
    開く

    セーフモード