【最新刊】探偵は友人ではない

真史と歩シリーズ

川澄浩平

1,599円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    わたし、海砂真史(うみすなまふみ)の幼馴染み・鳥飼歩(とりかいあゆむ)はなぜか中学校に通っておらず、頭は切れるが自由気儘な性格で、素直じゃない。でも、奇妙な謎に遭遇して困ったわたしがお菓子を持って訪ねていくと、話を聞くだけで解決してくれた。彼は変人だけど、頼りになる名探偵なのだ。歩の元に次々と新たな謎──洋菓子店の暗号クイズや美術室での奇妙な出来事──を持ち込む日々のなかで、ふと思う。依頼人と探偵として繋がっているわたしたちは、友人とは言えない。でも、謎がなくたって会いたいと思った場合、どうすればいいのだろう? ささやかな謎を通して少年少女の心の機微を描いた、第28回鮎川哲也賞『探偵は教室にいない』、待望のシリーズ第2弾!

    続きを読む
    提供開始日
    2020/11/11
    • 真史と歩シリーズ 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      真史と歩シリーズ 全 2 巻

      3,024円(税込)
      30pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(53件)
    • 探偵は教室にいない2020/04/01Posted by ブクログ

      幼馴染の中学生海砂真史が持ち込んでくる日常の謎を、学ぶことがないと言って不登校になっている変人の鳥飼歩が、理詰めで解いていくというもの。変人ぶりを発揮しながら、なんだかんだと関わってきて、結局当事者た...

      続きを読む
    • 探偵は教室にいない2019/08/23Posted by ブクログ

      「古典部」シリーズや「ハルチカ」シリーズに匹敵する
      学園ミステリーの傑作。

      連作短編集の体裁をとっているけど、
      第1話を読んですぐ、これは傑作だと思った。

      「氷菓」に近しい空気感を感じた。

      中学...

      続きを読む
    • 探偵は教室にいない2018/11/05Posted by ブクログ

      評判通り面白かった。
      登場人物がしっかりとしていて、読みやすい。
      中学生の何気ない日常の中のミステリーが、彼らの身の丈に合っていて
      すとんと入ってくる。
      やりすぎ感がなく、自然な流れでとても良かった。...

      続きを読む
    開く

    セーフモード