青雲を駆ける

肥前 文俊/3

638円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「小説家になろう」で大人気の異世界ファンタジー。異世界に迷い込んだ男が鍛冶師の技術を武器に村と大切な人たちのために力を尽くす。現代日本において、ほんのわずかにしか残らない野鍛冶の技を持つ男エイジ。気がつけば記憶もなく、見知らぬ場所に立っていた。そこは鉄器ではなく、青銅器が使われている世界。暮らしは貧しく、技術は未熟な異世界だった。ひょんなことからエイジは美しい未亡人のタニアと同居することに。二人の距離が近づくのに時間はかからなかった。隣家に住む猟師のマイク、村の大工フェルナンドなどの村人に助けられながら、エイジは村の試練を受けることになる。鍛冶師として働くため、何一つ設備も材料もない状態から、三ヶ月で作品を一つ作り上げ、その必要性を認めさせる必要があった。粘土を集めて窯を作り、炭を焼いたり、原料の鉄鉱石を探しに山を駆け巡ったりと、行うべき作業は山のようにあった。エイジはやがて村の一員として認められ、精力的な活動を続けていく。と同時に、エイジは領主から目をつけられてしまう。生きて帰ってこれない、と忠告を受けながらも、労役という義務を果たすため、エイジは単身領主の町に向かった---------。肥前 文俊(ひぜん ふみとし): 大阪府在住。本作でデビュー。3(さん):イラストレーター。東京都在住。『烙印の紋章』などのライトノベルのイラストを担当。

    続きを読む
    • 青雲を駆ける 全 6 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      青雲を駆ける 全 6 巻

      4,059円(税込)
      40pt獲得

    レビュー

    • 2015/01/08Posted by ブクログ

      異世界もので、主人公は現代の野鍛冶南方英二。
      表紙にはヒロイン、シエナ村のタニア。
      記憶を失っていたエイジを助けてくれたタニアを初めとする村のために、青銅しかない村に鉄の農具ら便利な製品をもたらす。
      ...

      続きを読む
    • 2015/03/21Posted by ブクログ

      異世界転送ファンタジー。なろう系の一種だが、主人公が現代でも一人前の野鍛冶師で記憶喪失の状態で異世界生活を送るところから始まる。魔法は出てこず、異世界というより架空の中世に飛んだような感じ。あえて言う...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2015/09/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    [{"item_id":"A002018374","price":"638"}]

    セーフモード