【最新刊】二千回の殺人

二千回の殺人

著:石持浅海

1,003円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    不可抗力の事故で最愛の恋人を失った篠崎百代。彼女は復讐の為に、汐留のショッピングモールで無差別殺人を決意する。触れただけで死に至る最悪の生物兵器《カビ毒》を使い、殺りくをくりかえす百代。苦しみながら斃れていく者、逃げ惑う者、パニックがパニックを呼び、現場は地獄絵図と化す――。過去最大の密室で起こった、史上最強の殺人劇。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/10/09
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2019/02/11Posted by ブクログ

      巨大ショッピングモールで起こったテロ。人がばったばったと殺されていく。ドキドキ、ハラハラ、そして不謹慎ながらワクワクしながら読み進めた。かなりのページ数だから手に取るのを躊躇していたが、読み始めたらす...

      続きを読む
    • 2020/02/10Posted by ブクログ

      ⑬石持さんは初。674ベージもあっという間に読んでしまいました。不可抗力で最愛の恋人を失った百代が、復讐のために、汐留のショッピングモールで無差別殺人を決意します。パニック、地獄絵図。間章で、話を補う...

      続きを読む
    • 2019/01/15Posted by ブクログ

      こんなに分厚いのに続きが気になりすぎて読む手が止まらない。面白かった。テロと戦うのではなく、テロを仕掛ける側の作品は珍しい。

    開く

    セーフモード