【完結済み】最大多数の最大幸福 道徳および立法の諸原理序説より

最大多数の最大幸福 道徳および立法の諸原理序説より

完結

1冊

原作:ベンサム 漫画・漫画原作:近藤たかし

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

最大多数の最大幸福を追求する“功利主義”。法学に計量の概念をもたらしたこの革命的な思想をミステリー仕立てで漫画化!舞台は19世紀のロンドン。急激な産業化で起こる労働問題や、差別され、苦しむ売春婦の依頼など、コンサルタント業を営む主人公ラシュビーのもとに持ち込まれる問題は様々だ。ラシュビーは功利主義というよく切れる道具を使って、快刀乱麻にこれらを解決していく。

続きを読む
ページ数
193ページ
提供開始日
2018/10/12
出版社
講談社
ジャンル
青年マンガ
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4
3
5
0
4
3
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/02/24Posted by ブクログ

    ベンサムの名著解説。ただ、あまりにもダイジェストなので、原書を読まねば。とにかく、とっかかりとしては楽しめた。

  • 2019/02/24Posted by ブクログ

    ベンサムの名著解説。ただ、あまりにもダイジェストなので、原書を読まねば。とにかく、とっかかりとしては楽しめた。

  • 2019/02/24Posted by ブクログ

    ベンサムの名著解説。ただ、あまりにもダイジェストなので、原書を読まねば。とにかく、とっかかりとしては楽しめた。

開く

セーフモード