【最新刊】真鍮の評決 リンカーン弁護士 (下)

真鍮の評決 リンカーン弁護士

2冊

マイクル・コナリー 訳:古沢嘉通

905円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    有罪必至の容疑者はいまだに余裕の笑みを浮かべ続ける。陪審員、検察、容疑者。誰かが嘘をついているのだ。さらに同僚弁護士が遺した事件ファイルに鉄壁の容疑を突き崩す術を見つけたわたしまでもが命を狙われるはめになる――。ハラーとボッシュの意外な関係も明かされ、驚愕のどんでん返しにコナリーの技が光る!

    続きを読む
    提供開始日
    2018/10/05
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    4.2
    36
    5
    13
    4
    19
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/01/27Posted by ブクログ

      そうきましたかぁ。黒幕の事は、なんとなく最初から怪しいとは思っていましたが、まさか本当に黒幕だったとはねぇ。

      それにしても、ミッキーは、弁護士なのに(逆にむしろ刑事専門弁護士だから?)、いつも命を狙...

      続きを読む
    • 2019/01/25Posted by ブクログ

      リンカーン弁護士シリーズ二作目。そして、著者のもう一つのシリーズの主人公である、ハリー・ボッシュが登場します。

      前作の最後で、ミッキーは銃撃を受けたのですが、その後、ジャンキーにまでなってしまってい...

      続きを読む
    • 2016/02/14Posted by ブクログ

      アル中探偵マット・スカダーに続いて今度はドラッグ中毒から立ち直ろうとする弁護士ハラー。やり手で敏腕、情け容赦なく検察側の隙をついて攻撃する一方で、愛娘の「パパは悪い人達を助けるお仕事なの?」の一言に心...

      続きを読む
    開く

    セーフモード