終決者たち (上)

マイクル・コナリー 訳:古沢嘉通

771円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    3年間の私立探偵稼業を経てロス市警へ復職したボッシュ。エリート部署である未解決事件班に配属された彼は、17年前に起きた少女殺人事件の再捜査にあたる。調べを進めるうち、当時の市警上層部からの圧力で迷宮入りとなっていた事実が判明。意外な背後関係を見せる難事件にボッシュはどう立ち向かうのか。

    続きを読む

    レビュー

    4
    10
    5
    2
    4
    6
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/21Posted by ブクログ

      ★3.5

      ハリー・ボッシュisバック。

      いなくなったわけでは無いですがLAPDに戻ったと言うことです。

      ハリーは、またまた難しい事件に取り組んでいますね。ですが、上巻の終りかけのところで事件を進...

      続きを読む
    • 2013/07/13Posted by ブクログ

      おかえり!ボッシュ!
      うん、はい、ジャンゴ!的な
      一歩ずつ、固めていく作業が
      好きです。古巣に戻ってきて
      生き生きとしてる様子。
      やっぱり、ここだなと。
      自分の生きる道を見つけたのでしょうか。

    • 2013/05/07Posted by ブクログ

      ボッシュが前向きでひたむきで。上司にも共感できて。はたすべきことをきっちりやりとげる。無力感も感じるがやけにならない。相棒のキズとも信頼し合える。復帰してよかったねと、読んでて嬉しくて。

      しかし最後...

      続きを読む
    開く

    セーフモード