【最新刊】キャッチャーという人生

キャッチャーという人生

赤坂英一

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    野村と古田の陰に隠れた名捕手たちの物語。肩にメスを入れながら、巨人歴代3位の出場数を誇る村田真一。レギュラーの座を競い合った達川と山中。WBCで明暗を分けた谷繁と里崎。男たちの栄光と挫折――

    続きを読む
    提供開始日
    2018/10/05
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    • キャッチャーとい...2010/01/04Posted by ブクログ

      プロ野球において、キャッチャーは陽に当たらないポジション。古田敦也や野村克也ほどの存在感を発揮するキャッチャーは一握り。

      そんな地味なポジションの中でさらに地味な選手たち、達川光男・山中潔・村田真一...

      続きを読む
    • キャッチャーとい...2009/12/28Posted by ブクログ

      キャッチャーという人生21:19 | 編集


      キャッチャーという人生

      作者: 赤坂英一
      出版社/メーカー: 講談社
      発売日: 2009/08/25
      メディア: 単行本
      購入: 1人 クリ...

      続きを読む
    • キャッチャーとい...2012/12/29Posted by ブクログ

      24・12・29古橋
      題名通りプロ野球の捕手の物語が実名で描かれ興味深く読めました。
      野手の中で試合中唯一味方全体を見回す位置にいて、そのサイン一つで試合の流れを統括するキャッチャーと言うポジションは...

      続きを読む
    開く

    セーフモード