【最新刊】エコー・パーク (下)

エコー・パーク

2冊

マイクル・コナリー 訳:古沢嘉通

838円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    ボッシュが探り続ける未解決事件は、ホシとにらむ男とは別人が自供した。初動捜査のミスも浮上し、苦悶するボッシュ。さらにパートナーのライダー刑事に悲劇が襲う。事件が急展開を見せるなか、自宅待機を命じられた彼はFBI捜査官レイチェルとともに動き出すが……。警察小説の頂点に君臨する傑作シリーズ。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/10/05
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.9
    38
    5
    9
    4
    18
    3
    10
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/21Posted by ブクログ

      途中で、他の人物を怪しいと思わせておきながら、そう言う事になりましたか。そう言うポジションの人物がなぜか不正に手を染めると言うのは、冷静に考えてみると、アメリカの刑事ものでは、時々あったりする気がしま...

      続きを読む
    • 2019/02/21Posted by ブクログ

      ハリーボッシュシリーズ中の傑作の一つと言われる本作。中々複雑な話で、誰が本当の事を言っているのかがわからなくなりそうです。確かに、面白い。上巻から引き込まれました。

    • 2018/11/06Posted by ブクログ

      講談社インポケットだったかで、ものすごく評価が高かったので読んでみたが、なぜだかさっぱりわからない。

    開く

    セーフモード