神さまは この恋をわらう

著:阿賀直己 イラスト:ぱち

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    突然の訪れに、心臓がぱちんとはじけた。そうして、俺の胸にも、とくとくとくとくと音が響く。彼と同じものが ここに生きているのだ。なんて 奇跡。 駅前の小さなコーヒーショップでアルバイトをしながら美大に通う拓海。彼には長い間、絵のモティーフにしたいと観察している青年がいた。毎日、コーヒーショップの前を自転車で通り過ぎる青年は素晴らしく美しい骨格の持ち主で、その横顔は石膏像のマルスを思わせた。モティーフにしたいと思う一方で、一枚のガラスを隔て決して縮まらない距離は大人しく人付き合いの苦手な拓海を安心させてもいた。しかし、ある土砂降りの雨の日に、マルスが店のドアを引いて入って来た――。

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    3
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/03/30Posted by ブクログ

      終わり方としては綺麗なんだろうけど、個人的好みとしてはモノスゴク好きじゃない。自分がBLに求めてる一番のもの=ハッピーエンド(メリバ含む)、てことがすごくよく分かった一冊、という意味では得るものはあっ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2015/01/14Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2014/04/08Posted by ブクログ

      読んでいる最中に、ラストを2パターンほど想像していましたが、そのうちの1パターンになりました。ただ、最後まで「どうなるのかな、覆るかな」とドキドキしながら読みました。

      ラストは、確かに一番しっくりく...

      続きを読む
    開く

    セーフモード