【最新刊】「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義

「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義

著:シェリー・ケーガン 訳:柴田裕之

2,035円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    イェール大学で23年連続の人気講義が、ついに日本上陸!――人は必ず死ぬ。だからこそ、どう生きるべきか――なぜ、余命宣告をされた学生は、最後に“命をかけて”、この講義を受けたのか!?死を通すことでますます「生」が輝きを増す、世界的名著!

    続きを読む
    提供開始日
    2018/10/05
    出版社
    文響社
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    • 2019/11/15Posted by ブクログ

      「私たちはほんの束の間この地球にいるだけで、やがていなくなるという現実について腰を据えて考えることが、どれほど頻繁にあるだろうか? たいていの人は、どうしても死について考えたくないのだ。」

      同感。け...

      続きを読む
    • 2019/07/31Posted by ブクログ

      タイトルの通り、「死」について哲学的に論考した大学講義録です。
      イェール大学の教授の語り口は読みやすく、内容もスッと頭に入ってきました。

      人の「死」とはどのようなものか(生命機能が停止した時点が「死...

      続きを読む
    • 2019/08/31Posted by ブクログ

      大学で23年連続の人気講義に惹かれて読んだ。
      テレビの「1番だけが知っている」ではないが、魂震えた。
      死を考えることは生きることを考えること。
      例えが随所にあり、非常に分かりやすい。
      何のために生きる...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002012513","price":"2035"}]

    セーフモード